The following two tabs change content below.
りん

りん

台湾在住。たまに帰国もしますが主に台湾の情報を発信していければと思っています

こんにちは!りんです。

最近台中では昔からある建物をリノベーションしてカフェやレストランにした場所が注目を集めています。
【CAFE 1911】もその中の一つ。

代表作に日本銀行本店、東京駅、台中駅などを手掛けた辰野金吾氏の、辰野式建築で建設されました。
そして台中で初めて鉄筋コンクリートを使用した建物内でもあります。
バッロック様式のこの建物は日本統治時代の行政官所でした。


 
 
 
 

ノスタルジックなカフェ

cafe1911はこの市役所が設立された1911年(明治44年/民國元年)に由来しています。
数年に渡る修復工事を経て、現在のノスタルジック溢れるカフェとして2016年にオープンしました。
手がけたのは古典玫瑰園グループ。他にも素敵なcafeを世に送り出しています。


 
 
 
 
入り口を入ると目の前にはCAFE 1911の服務台があるので、食事をする方はここで人数を伝えて下さいね。
祝日は混んでいる事も多く待つ事も少なくないです。
ロビーには在りし日の様々な写真が沢山飾られているので、待ち時間に是非ご覧に。


 
 
 
廊下には日本式ランタンが飾られていたり、テラス席があったり、趣ある内装。
とても開放的で気持ちがいい場所です。


 
 
 
メニューは台湾のタピオカミルクティー(珍珠奶茶)や、日本の定食が味わえます。
ここの定食のクオリティはとても高く、中華料理で胃が疲れた方にもおすすめ。

 
 
 
 

旧市役所の魅力

そして2階部分は【藝術中心】となっており様々な芸術作品に触れる事ができます。
無料で観覧する事ができるので、訪れた際にはぜひ2階まで足を伸ばして見ては如何でしょうか。


 
 
 
2階奥にあるかつての公設質舗は昭和沙龍(昭和サロン)として懐かしインテリアで揃えられたカフェになっています。
他にもおみやげ屋さんもあり、見所たくさんの台中市政府。
暑い台湾、お食事をされない方も涼しい館内を散策するのもおすすめですよ。


 
 
 
 

密かなフォトジェニックスポット

また旧市役所目の前には台中州庁がありがあります。
こちらは総督府の技師だった日本人建築家の森山松之助の設計。
1912年に起工、翌1年に1期分が、その後4段階にわたる拡張がなされ1934年(昭和9年)に現在の姿になりました。
2011年に新しい台中市政府に移るまでは、ここが台中市政府として使用され、台中では2代目の台中州庁でした。


 
 
 
ここは現在でも市政府の一部機能が残っていますが、外観を参観する事ができます。
涼しげな噴水が特徴で、ここで結婚写真を撮影している風景も良く見かけます。
中庭のヤシの木は南国ムード満載。夜のライトアップも素敵なんです。


 
 
 
現在の市政府本部は第7区にある臺中國家歌劇院近くに移転され、こちらはとても現代的な趣き。
合わせて見てみると歴史の流れを感じれて面白いかもしれません。
(台中は地域ごとに第1期から順に開発され、7期が一番新しい開発された地域。現在は新幹線の駅である8期地域を開発中)
写真は臺中國家歌劇院!いつかご紹介させてくださいね。


 
 
 
 

今後も目が離せないスポットなんです

今後台中市役所、台中州庁を初めとする周辺一体の空間を開発、景観改造を予定しています。
総事業費3.5億元をかけ、2020年完工後に現代美術館として生まれ変わる予定なんです。
今もこの先も魅力的なこの地帯から目を離せませんね。


 
 
 
 
【CAFE 1911(旧市役所)】
住所:台中市西區民權路97號
電話:+886-4-35079006
營業時間:
月~金:11:30-20:30
土日祝11:00-20:30
休館:毎週第三月曜日

【藝術中心(旧市役所)】
営業時間:10:00-17:00
休館:毎週第三月曜日

【台中州庁】
住所:台中市西區民權路99號
電話:+886-4-2227-6011
營業時間:
08:00-17:00

The following two tabs change content below.
りん

りん

台湾在住。たまに帰国もしますが主に台湾の情報を発信していければと思っています
Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です