ホテルプリ メラカ 世界遺産に宿泊できるプラナカン邸宅ホテル【マラッカ】

ホテルプリ メラカ 世界遺産に宿泊できるプラナカン邸宅ホテル【マラッカ】
The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在35ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

プラナカン文化とは

西洋と東洋の様式が入り交じりながら発展したプラナカン文化が残るマレーシアの古都マラッカ。
プラナカン(Peranakan)とは、15世紀後半から4世代以上にわたって存続してきた中華系移民の子孫や末裔を意味し、つまり彼らが育んできた文化の事を言います。プラナカンは現代にも色鮮やかに残り、様々な文化のモチーフが混在した繊細で豪華な装飾や、多彩な色使いは一度見たら忘れられない美しさ。それは建築様式だったり、料理、家具や工芸品だったり。最近ではちょっとした雑貨が可愛い!と、女性を中心に人気が高まっています。
ホテル マラッカ プラナカン

そんなプラナカン文化を見学したり、手に取ってみたりと楽しみ方は様々。でもより深くプラナカン文化を体験したいなら実際に泊まってみてはいかがでしょうか?マラッカの街にはそんな素敵な体験を叶えてくれるホテルがあり、なんとそこは1泊3,000円で宿泊できるのです。一体どんなホテルなのでしょうか?
ホテル マラッカ プラナカン

ホテル プリ(Hotel Puri) メラカ

そのホテルはマラッカの中心地オランダ広場から歩いて6分の場所に建っています。プラナカン邸宅を改装した老舗ホテルで、飾り細工の窓と柔らかいイエローの外観が目印です。
ホテル マラッカ プラナカン

ホテルに一歩足を踏み入れるとエキゾチックな雰囲気が漂います。調度品はどれも素晴らしく中国式の繊細な彫刻が施された家具、螺鈿細工の置物など豪華絢爛!
ホテル マラッカ プラナカン

チェックインを済まし長い廊下を進んでいくと、ちょっとしたプラナカン博物館が広がっていました。
ホテル マラッカ プラナカン

趣のあるエレベーターへ客室へ向かいます。
ホテル マラッカ プラナカン

客室

部屋は豪華絢爛なロビーと異なり、落ち着く空間。簡素ですが歯ブラシやシャンプーなどのアメニティ、ドライヤー、金庫、無料の水やコーヒー湯沸かし器がなど必要最低限な物は揃っていました。スリッパはなかったので必要な方は持参してください。
ホテル マラッカ プラナカン
ホテル マラッカ プラナカン

特徴なく思える部屋でも、ちょっと引き出しを開けると可愛いカップが鎮座していたり、部屋からでると目の前には螺鈿細工のチェアがあったりとプラナカンを身近に感じられます。
ホテル マラッカ プラナカン

このお部屋は1番安いスタンダートツインで私が宿泊した時は3,000円で朝食込みでした。他にもデラックスやジュニアスイート、キングルームのお部屋がありスタンダートに比べプラナカンの趣を感じれる内装になっていました。1番高いキングルームでも1万円ほどというから驚きです。
ホテル マラッカ プラナカン

ホテル プリを予約
Expediaで探す agodaで探す
booking.comで探す Trip.comで探す

朝食

ホテル プリはどの予約プランでも朝食は含まれています。朝食はビュッフェ形式で、会場のある中庭でいただきます。
ホテル マラッカ プラナカン

メニューはパンやお粥などの主食、春巻きやサモサなどのマレー料理、他にもヌードルとエッグスタンドがありました。ヌードルはマレーっぽいお味だけど癖になる美味しさ。朝食メニューの中で1番好きでした。
ホテル マラッカ プラナカン

ラインナップはマレー料理が好きな人は満足できると思いますが、イングリッシュブレックファースが好みの方はお腹を満たすのは難しいかもしれません。ですがこの開放感ある空間でコーヒーを頂くだけでも、幸せな一時を過ごせると思います。
ホテル マラッカ プラナカン

立地

ホテルの前はトゥン・タン・チェン・ロック通りで、プラナカンの建物が立ち並んでいます。6分ほど歩けばメイン観光スポットのオランダ広場に行け、夜店が立ち並ぶジョンカーストリートの1本隣の通りなので観光するには申し分ない立地。あ、ジョンカーストリートが賑わうのは金〜日曜の夜なので行く曜日に気をつけてくださいね。

そしてジョンカーストリートを中心に、南側にヒーレンストリート、北側にハーモニーストリートが並行しています。落ち着いた雰囲気でかつての面影を残すヒーレンストリート、そして仏教、ヒンズー教、イスラム教といった異なる宗教が互いを認め合い共存しているハーモニーストリートと見所は沢山。イスラム教のモスク「カンポン・クリンモスク」、ヒンドゥー教の「スリ・ポヤタ・ビノヤガル・ムルティ寺院」、中国寺院「青雲亭」などマレーシアの多民族国家を象徴しているような通りです。

また、マラッカセントラルのバスターミナル行く17番が停車するバス停はホテルから徒歩1分の距離でした。下の記事に詳細を書いているので参考にしてくださいね。

最後に

マラッカは街全体が世界遺産で見所が沢山!なのでホテルの部屋が簡素でも基本的に観光しているので特に気になりませんでした。むしろホテルに戻る度どこを見渡してもジェニックなので、色んな角度から撮影したり、2階部分や廊下の先を探索したりとよりマラッカとプラナカン文化をより満喫する事ができました。クアラルンプールから日帰り観光が人気のマラッカ。でもこんな素敵なホテルがあるなら1泊してみてみるのも良いかもしれませんね。何より夜のマラッカは昼間とは異なる魅力で溢れているんですもの。

私が宿泊した時は1泊3,000円でしたが、時期や予約サイトによってはもう少し安い金額の時もあるようで。ぜひ予約サイトを見比べてみてください!勿論ですが1部屋の金額なので2人で宿泊したら1人1,500円。伝統と文化が体験でき、しかも世界遺産の中に宿泊できこんなにお手頃価格なんて「ホテル プリ」・・・素敵すぎるホテルです。

ホテル プリを予約
Expediaで探す agodaで探す
booking.comで探す Trip.comで探す

クアラルンプールまでの航空券を探す


お得なホテルの予約方法
Expediaのセールやクーポンでお得にホテルに泊まっちゃおう!
エクスペディア クーポン
エクスペディア公式サイト


お得な飛行機の予約
【決定版】skyscanner(スカイスキャナー)最安値で海外へ!格安航空券のテクニックや裏技を大公開!

skyscanner公式サイト


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在35ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

マレーシアカテゴリの最新記事