コタキナバル リゾート
- マレーシア, ホテル

コタキナバル シャングリラ ラサリアリゾート(Shangri-La’s Rasa Ria Resort) プレミアルーム宿泊

The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在26ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

シャングリ・ラ ラサリアリゾート

マレーシアの南シナ海に面した自然豊かなコタキナバル。
コタキナバル シャングリラ


ボルネオ島の玄関としても有名で、ビーチリゾートや世界遺産のキナバル山の入り口に訪れる事ができます。
そしてジャングル地帯が多いコタキナバルでは7900種類もの植物が生息し、世界最大の「ラフレシア」もここで見れるのです。


そんなコタキナバルの中でも日常から隔絶されたような場所に位置するホテル、シャングリラ ラサリアリゾート。
野生動物が数多く生息する熱帯雨林の自然保護区に囲まれ、目の前には透明度が高いプライベートビーチが広がる絶好のロケーション。
コタキナバル シャングリラ


今回宿泊したのはコタキナバルでも有数の広さを誇るお部屋にプライベートバルコニーが付いたオーシャンウィングプレミアガーデンビュールーム。

バルコニーにはプライベートのジャグジーバスやデイベット、コーヒーテーブルとチェアが完備され、まさしく極上のリゾート空間。
目の前に広がるのは南シナ海と美しい庭園。
コタキナバル シャングリラ


空港からタクシーで約45分と市街から離れたホテルですが、敷地内の豊かな自然の環境でしか体験する事ができないでホテル独自のリゾートアクティビティメニューが豊富に用意されています。
日替わりで豊富なアクティビティは何日滞在しても飽きる事はないでしょう。
コタキナバル リゾート


そして飽きない理由はお食事にも。
ホテル内には6箇所のダイニングありその日の気分で食事をする事ができます。
コタキナバル シャングリラ


プレミアルーム

タクシーでホテルのリゾートの敷地に入るとすぐににセキュリティチェックゲートがあります。
そこで宿泊者か尋ねられるので、プレミアルームに宿泊のゲストはその事も合わせてお伝えください。
プレミアルームに宿泊の場合は専用のチェックインロビーがあるので、係の方がドライバーに専用のチェックインに向かうように案内してくれます。
コタキナバル シャングリラ


チェックインはオーシャンウィングのロビーは美しい庭園と海のパノラマビューが広がるリゾートなではの絶景。

メインロビーに比べ対応するゲストが少ない為、ゆっくりとした時間が流れる中でウェルカムドリンクを頂きながらのチェックイン。
(オーシャンウィングとメインロビーは繋がっているのでメインロビーでもチェックイン可能です。)
コタキナバル シャングリラ


ゲストルームに案内していただく道は熱帯雨林特有の景色で溢れ、これから始まるリゾートステイに心が弾みます。
コタキナバル シャングリラ


途中サンセットパビリオンを通り、ここで夕食前の時間にでドリンクとカナッペのサービスがあると説明を受けます。
このサービスはプレミアかスイートルームの宿泊者だけのよう。
コタキナバル シャングリラ

コタキナバル シャングリラ


ドアを開けるとまず目に入るのは大きな窓とその先にある贅沢なバルコニーとオーシャンビュー。
コタキナバル シャングリラ


バルコニーにはこのホテルの魅力の1つでもあるジャグジーバスが完備され、それはこのプレミアルームだから叶う贅沢。
白石づくりの2畳ほどの大きなジャグジーバスは足を十分に伸ばす事ができ、側にあるバスソルトを入れ癒しの時間に誘われます。
コタキナバル シャングリラ


お風呂上がりにはデイベットで横になりながら隔たりのない空間で星空を望む事ができ、とてもロマンチックな空間に。
コタキナバル シャングリラ


昼間は南国の風を感じながら読書をしたりと有意義な時間を過ごせます。
コタキナバル シャングリラ


入り口には広いクロークがあるので、日常と荷物は全て中へ仕舞いましょう。
コタキナバル シャングリラ


室内にはベッドと窓際にデイベットがあり、くつろぐことに贅を尽くした設計。
大きな窓からは柔らかい太陽の光が注がれ癒しの空間で包まれます。
コタキナバル シャングリラ


洗面台はダブルシンクでアメニティはすべてロキシタンで揃えられています。
コタキナバル シャングリラ


シャワールームのヘッドは日本人には馴染み深い手動式のもの。
室内に浴室はないので、バルコニーのジャグジーバスでリゾートならではの入浴を是非体験してください。
コタキナバル シャングリラ


冷蔵庫の飲み物は全て無料で提供され、1日に1回補充されます。

お部屋には時々ジャングルからの来客、ヤモリがやってきます。
このホテルでは珍しくないこと。フロントに電話するとすぐに対応してくださいます。
1日で3回位出会い、最後は一緒に眠りにつきました。それもまたここならではの体験。
コタキナバル シャングリラ


ブレックファースト

プレミアルーム宿泊のゲストは専用会場の、オーシャンウィング1階のロビー横にある「Oceano」で朝食をとる事ができます。
メインとなる「Coffee Terrace」でも頂けるので、その日の気分でお好きな方へ。
コタキナバル シャングリラ


「Oceano」はオープンテラス席もあり、そこから眺める事ができるのは美しい南シナ海。
人も少なく、リラックスした空間で朝食を頂く事ができます。

「Oceano」の規模はメインに比べ小さいですが、多彩なメニューが並べられてる他エッグスタンドやヌードルスタンドも揃います。
イングリッシュブレックーファースト、アジア料理、飲茶、南国のフルーツが並ぶビュッフェのラインナップは朝からお腹を満たすには十分すぎる程。
コタキナバル シャングリラ


こちらのプレートはグルテンフリーブレックファースト。
食事制限がある方でも柔軟に対応して頂けます。
コタキナバル シャングリラ


ランチ

お昼はレストランで頂くのも良いですが、ビーチサイドやプールサイドで美味しいお酒を飲みながらマレーシア料理なんていかがでしょうか?
コタキナバル シャングリラ


スタッフにメニューを持ってきて頂きオーダー。
ビーチベッドに腰掛けながら、南国の風を感じる最高のロケーションで頂くサテの味はこの場所ならではの体験。
コタキナバル シャングリラ


サンセットタイムはビーチサイドのラウンジバーで過ごすのがおすすめ。
コタキナバル シャングリラ


世界が変わる瞬間をただ眺めながら、言葉にできない程の素晴らしい瞬間を胸に刻む事ができます。
コタキナバル シャングリラ

ディナー

ホテル内には多国籍な料理が揃います。

イタリアン料理の「オセアノ」
インド料理の「ナーン」
鉄板焼の「高山」
多国籍料理のビッフェ「コーヒーテラス」
アジア屋台料理のビュッフェ「テピラウトマカンストリート」
カジュアルダイニング「ゴルファーズ テラス」

6店舗あるので毎晩違うレストランで多彩な料理をご堪能を堪能する事ができます。
コタキナバル シャングリラ

1番は多国籍料理のビッフェ「コーヒーテラス」。
ディナーではシーフードナイトやローストナイトなどのテーマビュッフェが提供されます。
コタキナバル シャングリラ


アクセス

日本からのアクセスは週に2回、月曜日と木曜日に成田空港からマレーシア航空の直行便が運行しています。
乗り換えの場合はクアラルンプールでの乗り換えが主になり毎日就航しています。

空港に到着したらタクシーに揺られる事45分。
魅惑のシャングリラ ラサリアリゾートに到着します。

コタキナバル シャングリラ
プールサイド


宿泊価格

ベーシックなデラックスルームは1部屋18,000円〜宿泊でき、
その金額に少し足して27,000円〜でプレミアルームに宿泊できます。
絶景のロケーションと贅沢なお部屋はマレーシアだからこそ叶う価格。
勿論時期によって金額は変動するので、最新の金額はこちらからご確認ください。

コタキナバル シャングリラ

シャングリラ ラサリアリゾート 最新価格


訪ねてみて

ボルネオの楽園の中に佇む贅を尽くしたホテル。

アクティビティ溢れるプールサイドや静寂なプライベートビーチ。
広く美しいガーデンと魅力はつきません。
コタキナバル シャングリラ


ですが私は最も感動しお勧めできる理由は、この場所がリゾートでありながらリゾートっぽくない事にあります。
そこで働くスタッフの方は皆とても気さくでフレンドリー。良い意味でリゾート特有のクセがなく、リラックスしてこの場所を満喫する事ができました。
格式の高さとホスピタリティあふれるシャングリ・ラ。サービスは勿論一流です。

日本語が喋れるスタッフも常駐されているので、遠い楽園でも楽な気持ちで過ごす事ができます。

クアラルンプールからちょっと足を伸ばして、日常の喧騒から離れ心休まる素晴らしい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コタキナバル シャングリラ


ホテル情報

Shangri-La’s Rasa Ria Resort & Spa
シャングリ・ラ ラサリアリゾート & スパ

Access:Pantai Dalit, PO Box 600, Tuaran, Kota Kinabalu, Sabah,, 89208, Malaysia

Tel:(60 88) 797 888

ご予約はこちらから

コタキナバル リゾート


最新情報をいいね!Clickで
チェックしよう!

The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在26ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です