- 未分類

【DM cafe】まだ誰も知らない♡カフェの街台中の路地裏に佇むリノベーションカフェ

The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在20ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

カフェの街台中

台中といえばカフェの街としても有名ですよね。
個性的で魅力あるカフェが軒を連ね、注目度は雑誌で特集が組まれるほど。

でもせっかく台中に行って訪れるなら、まだ誰も知らない素敵なカフェ、行きたくないですか?
今回はまだ日本で取り上げられた事のない、路地裏にひっそりと佇むとっておき素敵なカフェをご紹介します!

DM cafe

そのカフェは台中の駅から少し離れた場所にひっそりと佇んでいます。
小さなカフェは淡いブルーのドアが目印。


ドアを開けると郷愁溢れる空間。
お店は広くありません。1階はテーブル席が3席。そして数席のカウンター席。
2階も同じくらいの席数。

メニュー

店内に入ったらまずカウンターで注文をしてくださいね。
メニューにはイラストがあり中国語が分からなくても、注文できます。
メニューは決して豊富ではありませんが、それがほっとするんです。


オススメはやはり拿鐵(ラテ)。暖かいもの(熱)と冷たいもの(冰)が選べます。
お値段は90元。日本円にしておよそ340円。

冰拿鐵


小點心(デザート)は阿法奇朵(アフォガート)と搖擺小山丘(パンナコッタ)があります。
パンナコッタは日本の富士山がモチーフなんですよ。
口の中でとろける味は思わず顔が笑顔になるはず。

搖擺小山丘/熱拿鐵


他には、ちょっとしたトーストなどの軽食も提供されています。

Dan Man

DM cafeはDan Manという言葉の頭文字。
Dan Manとは台湾の原住民タイヤル族の言葉である座ってくださいを意味します。
文字を持たない民族な為、現在は表記にローマ字を用います。
ゆっくりと腰掛け店内での時間を是非お過ごください。

ここにはWiFiはありません。それはオーナーのここではゆっくりお友達と過ごしてほしいという気持ちからだそう。
旅の経過や思い出についでゆっくり語らってくださいね。

行き方

それでは台中駅からこのカフェまでのルートをご紹介します。
徒歩だとおよそ30分。タクシーだと10分。
台中の奥に位置しているので公共機関は歩いていくより時間がかかってしまいます。
その為タクシーで向かう事をおすすめします。
およそ120元(410円)くらいで到着すると思います。帰りはお店の方にタクシーを呼んでもらってくださいね。
涼しい時期は台中のローカルな街を散策をしながら歩いていくのも良いかもしれません。

店舗情報

DM cafe
住所:台中市西區民生路225巷11號
電話:+886-04-23726807
營業時間:
月/水-金:09:00~17:00
土:09:00–18:00
日:12:00–18:00
火曜定休



最新情報をいいね!Clickで
チェックしよう!

The following two tabs change content below.
佐藤 明日花

佐藤 明日花

世界中を旅するウェブライター/現在20ヶ国/好きな国は何度でも/海外居住歴4年/アイスとチョコを愛する20代/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です